◆大分マニア◆

大分人による大分県の盛り上げの大分のためのブログ♪

DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
98
DATE: 2006/02/06(月)   CATEGORY: 遊場
豊後高田昭和の町
どんなこんなで・・・
2月ももう一周が過ぎたでぇ(ノ゚д゚)ノ

こうやって、月日だけがすぐ流れてくんだ
年だけくってくんだ

遣り残しをなくさなd(′∀`o)b


って、事でまだ行った事のない
未知な、地味な所へ行きつくしてみよう!

っと、考えました。

これぞ大分マニア!!っと言われるように

頑張りますっ!!!



今回行ったのは豊後高田市にある


豊後高田昭和の町


っと、言うところです。


ツアーで来るくらい人結構いました。


ここは・・・
手にさわることができる身近な歴史・昭和。
つい昨日のようでいて、信じられないくらい
違う暮らし方でした。
ところは豊後高田の中心商店街。
ごく普通の町が昭和というテーマを揚げて、
身近でいとおしい過去を探求していきます。


っと、言うのがコンセプトになってます。

まずは、昭和のロマン蔵という受付を通ったら
そこから、昭和の町です。

音楽も、建物も・・・
パープレ


こんな車とかも色々ありました。
昭和の町


昭和の学校の風景や、家の中身もありまし
雪 昭和の町


まず、一番最初にあるのは駄菓子やの夢博物館
ここは、入ってすぐに駄菓子屋さんもあります。
今町でも昔懐かしい駄菓子屋さんって多くねぇ?
そんな、昔懐かしい駄菓子がたくさんあるよ。
パープレ パープレ


そしてここのメインの博物館は入館




500円




たかっ



っとも、思ったけど入って見なきゃ来た意味がない!
っと、思ったので入りました(=゚ω゚)

ここの館長さんは昭和23年生、福岡出身小宮 裕宣さんっと言う方。
この人↓
昭和の町


駄菓子屋のおもちゃの所蔵では日本一!!
その20万点を超える所蔵品の中から、未公開のものを含む5万点を一挙に公開

している、らしい。

まず・・・
昭和の町

が、いきなり目の前に飛び込んできますっ(。-∀・)

そして、そこからは別世界。
すっごい数の懐かしいおもちゃたちが所狭しと
ずらっと並んでおります。
いや~~懐かしいのがたくさんあったねぇ。
昭和の町


なんつぅーか。

これ、私の!みたいな。

持ってた持ってた。

っと、思わずいっちょう。
絶対いっちゃう。

つい私的興奮しちゃったのは・・・
これ↓
昭和のおもちゃ 昭和のおもちゃ


セイント聖矢

これ、めちゃくちゃ好きだったのよねぇ~~
そしてこれ・・・
持ってました(爆)

女の子なのにずっと男の子のアニメばっかり見てたなぁ。

聖矢のカセットも持ってた。
それもあって感動した~~一人で(◎´艸`)

他にも懐かしいコーラのビンや、ファンタのビンもあった。
このお弁当箱でみんな絶対に食べてたでしょ?!
昭和のおもちゃ 昭和のおもちゃ

今じゃ~滅多にお目見えできない・・・
このお弁当。

あぁ、懐かしい。

この頃滅多に見ない
昭和のおもちゃ


ついこないだまで、どこにでもこれあったのにね・・・
時代って早いよねぇ。

あと、ポスターもたくさん展示されてました。
ゴジラとかって昭和なのね・・・・ヾ(;´▽`A``アセアセ
寅さんもたくさんあった♪
昭和のおもちゃ


私の一番のお気に入りは・・・
昭和のおもちゃ


私が小学校の頃。
アラレちゃんと呼ばれてた。
今じゃ全然想像もつかないだろうけどさっ

お転婆娘で、走ってばっかりいたから・・・
そんな私にこの帽子をかぶらせ、アラレちゃんのめがねをさせられ
写真を撮ったのをどっかに送ったら
アラレちゃんそっくり賞を貰ったらしい。

それが私の自慢だ(ぶっ



昭和の町はこれだけじゃないよぉ~
他にも、昭和の美術館や、昭和の町の商店がいもある。

商店街は、高田の町の商店街をそのまま使っており
昭和のままの建物や、昔懐かしい物まで揃っている。
昔の商店街の写真があるんだけど・・・
あの頃はよかったんだろうなって

そう思える町並みだ。

この商店街は散策が出来ます。

肉のなかおかでは、コロッケが買えて
その場で食べれますヽ(*´∀`)ノ

これは、行ってみなきゃ分からない。
少しお休みのお店が多くて

残念だったけど

存分に昭和の雰囲気があった。

是非、一度昭和の町へタイムスリップしてみちくりぃ(-∀☆)


豊後高田
昭和ロマン蔵


■駄菓子の夢博物館
 ●入館料
  大人500円 子供350円 乳幼児無料

 ●開館時間
  9:00~17:00
 
 ●℡
  0978(23)0008


■昭和の絵本美術館
 ●入館料
  大人400円 中学・高校生280円 小学生200円 乳幼児無料

 ●開館時間
  9:00~17:00

 ●℡
  0978(22)2412

※駄菓子屋博物館と美術館共同入館料
 大人700円 中学・高校生500円 小学生400円 乳幼児無料


■住所
 大分県豊後高田市大字高田1007番地の5


スポンサーサイト
コメント
archさんv-63
レトロでよかったですょ

一回いけば満足です(ぶっ

FC2一緒になったんですねv-238


ぱんたろんv-63
昭和の匂いがたくさんしましたわ~♪
レトロな感じですね~。
20世紀少年の世界みたいですw

ひとまずfc2ブログに落ち着きました。
よかったら遊びにいらしてください♪
懐かしいものがいっぱいやな~
小学生のころをなんとなく思い出す
あったなぁ~ってね♪
でも日曜日は休みのお店がちらほら・・・
行くなら土曜日かもね
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

|HOME |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。